迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話を。

こんなとき、能天気な君のそばにいよう。

何かの力が働いているのてはないかと疑いたくなるくらい、ツイてない。
そう感じることがある。


神様のイタズラ?
厄年だから?
前世のカルマ?

いくらだってツイてない理由が
思い浮かんで消えていく。

ため息がこぼれ
肩を落として
人混みの中を舌打ちしながら進み

家事のひとつひとつが荒くなり
言葉遣いも悪くなり
皆に伝染していく。

ジワーっと。モヤーっと。
暗雲が立ち込める。
空気が淀む。


あぁ、この人生ってなんだ?

怒りや哀しみにも似た何かを
思いながら

端でギャンギャン ワァワァ
騒がしい奴等がいる。

我が子達、その人である。


彼等の騒がしさに腹が立ちながらも
ふと、沈んだ何かが頭をもたげる。


悩んだってしゃあないな。
こりゃーもう、むり。
どうにかなるでしょ!


開き直る、というチャンスをくれる。

そして家事に忙殺される、という役割をくれる。

ああ、こうして親は子に救われていくんだ。


ただ騒いでるだけだけど
飯はまだか?と騒いで
勝手におやつをこっそり食べていたりするような彼等だが


あなたはいま、なにをすべきでしょうか?


というシンプルな問を投げ掛けている。


頭を悩ませ俯き、涙し、悲観に暮れ
明日なんてもう来やしないんだ、
もうどうにもならないんだわ!と

どうせ、あんた達にはわかりっこないでしょ!

と罵声を吐く、ことではなしに。


あなたは母さんでお腹をすかせた子がご飯を今か今かと待ってます。

子供達にたらふく食べさせて
また騒ぎながら時が過ぎて
はしゃぎすぎて眠るときまで

今は忘れよう。
今は笑っていよう。

能天気で陽気な彼等のそばにいたら
邪気退散!とばかり暗雲が消えていく。


もし彼等がいなかったら
とっくに転覆している。

彼等がいたから
踏ん張ることができる。

明日を信じられる。希望がもてる。

輝かしい太陽達に囲まれて
騒がしいけど、幸せだ、母ちゃんは。

ありがとう。
母ちゃんより。



にほんブログ村 身の丈暮らし