迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話も。発達障害の事についてもたまに書きます。

そう、騒音なんだ。


この問題。
木造に住む私にはずーっと問題な問題。

集合住宅にはその名のとおり
いろんな人達が集まって住んでいます。

殆ど家にいない人。
ずーっといる人。
ずーっと苦情言いまくりの人。
ずーっと苦情言われっぱなしの人。
お互い様よねぇで済む人とそうでない人。
子供のいるうち、いないうち。
お年寄りのいるうち、いないうち。


各々の人々はあーでもないこーでもない
事情を抱え今日も暮らしている。

人間がより集まったら
騒動もおきる。

私はこの問題に10年ちょい
向き合わざるを得ず生きている。

隣人運に恵まれない。
と、私が思う一方でもしかしたら隣人も
同じことを考えているやもしれない。

ここに越してきて
六年間毎日子供がうるさいと
壁ドンされてました。

走る音が響く!泣き声がやかましい!

毎日毎日壁ドン、ドアドン
蹴るわ物を投げられるわ。
引っ越そうかと最終的にはマイホーム買いませんか的なチラシがポストに来るのを毎日待ちわび
来る度に買えるだろうか?と真剣に考えた。

大家さんも管理会社も
隣の人は神経質だから仕方ないし
子供はなんだかんだいってうるさいには
うるさいしね。言われても仕方ないよね。
っていう感じでした。


子供にはね、躾が出来てないと言われたし
やっぱり限界があったし
子供いたら仕方ないよね、っていう甘い自分もいた。だから100パー悪くない!とも言えず
なんとか音が響かない努力をしてる。

段ボールを開いて敷いてその上に柔らかめのクッション材みたいなのを敷いてその上にマットを敷いて。畳ははがして中に段ボール詰めて畳の上にニトリとかで売ってるコルクマットをしてその上に絨毯を敷きました。

それでもうるさいコールは止まず
今度は風水を始めました。

家の中を掃除したり片付けたり
玄関は特にきれいに。
塩を撒き、掃き清め、日本酒を撒き、掃き清め
家の外四方に盛り塩をしてトイレと玄関とお風呂にも置きました。


そうこうして二年前その人はいきなり
引っ越していった。

そのあと越してきた人は静な人だった。
でも何かの売人だとかで引っ越していった。

そしていま。
隣の人はもうすぐお子さんが生まれるという
ご夫婦。

やかましいんだろうな。ごめんなさい。って
毎日想います。

家の二階にすむお姉さんも
うるさいらしくて壁ドン物ドンがあります。
ごめんなさいって想います。

やれることはやったような気がする。
肝心な躾が出来てないんだと今も思う。

走るな、っていっても
走るのをどう辞めさせるか。
毎日怒鳴っても変わらないけど
言わないでいられないし。

色々不完全で人様に迷惑かけてる。
完全になりたい。