KOKOTI

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話も。発達障害の事についてもたまに書きます。

友達、いたらなにか違ったのか。

友達と呼べる人は今までの人生に
ひとりもいない。

それって恥ずかしいこと?

話し掛けられても何を話したらいいのか
わからなくて頭が真っ白になる。

いつの間にか空気の読めない、暗い人になっていてそのまま大人になってしまった。


ため息をついても何も変わらないし

いきなり友達だよ!と誰かが現れてくれるはずもないから空を見よう。


私には私を必要としてくれる家族がいる。
それは有り難いこと。

この広い世界で好き!って言ってくれる人がいるだけでここまで来た意味はあった。

嘆くのは今はよそう。