KOKOTI

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話も。発達障害の事についてもたまに書きます。

気が付くといつも同じ服を着ている。

昨日も今日も同じ服を着ていました。
昨日洗って干したものをまた着て出掛ける。

ということにいささかの干物感を覚えつつもまあいいかと思うことにしました。

出掛けるとなったとき、ぱっと手に取ったということはそれだけその服を使いやすい、着やすいと自分が信頼を置いているともいえるのかなと。

似合っているかも多分きちんと見極めないといけないのだろうけど
着ていて好きなものはきっと人から見てぱっとしなくとも個人的にはほぼ満点な気分だ。


色は白のシャツにベージュのチノパン、それに濃いブラウンの靴。

黒の斜めがけバッグをかけて
時計をして終了。

これで
ぱっと出られる。

ぱっとしない格好。でも
ぱっとできる格好。

これからの服選びに少し
光が射してきた気がする。
少し楽しみだ。

こうしていくと何が残り
何が捨てられ、何を買い足すのか。
そんな自分の訪れを。