迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話を。

夫にマザコンめ!といいました。

私の考えです。
気に入らないかたは不快かと思います。
スルー推奨です。



私は夫にマザコンめ!といいました。


親を大切にすること、母親を想うことは
別段悪くない。
それは私の考えです。

親に感謝して、親孝行をして、
親を敬い、尊敬する。
それは子供として私自身も持っているものです。


ただ、夫の場合
それがいきすぎる。

加減ができてないんです。


私の考えとして、親を敬い大切にすることは
問題ない。問題なのはそれを家族に押し付けること。

親を傷つけるのが嫌だから
言うことを聞き続ける。
親が例え間違っていようと、親に向かって
指摘なぞ出来ない!といって
仕方ないだろうといって済ませること。


あなたが親をどう想い大切にしようが
自由です。

でもあなたが作った家族にそれを強いて
家族の私たちには我慢せよの一本やり。
有り得ないですよ。

子離れしてない親なんだよ、と言いつつ
あなたも親離れできてないんですよ。

いい年をして親に甘えるということが
どんなことか理解しているのだろうか?

みっともないとは思わないのだろうか?

なんでも、かんでも

親を悲しませたくない、傷つけたくない。

なら、結婚なんかしなきゃいいんじゃないですか?

親の期待通りに生きて親に好かれたいなら
第三者を巻き込んで家族を作ろうなんて
思わない方がよかったですよ。


親からの、評価だけがそんなに大切なら
一生親子ごっこしていればいいんじゃないでしょうか?


強く言えない、断れない。
ここまで、と線引きも出来ない。

悲しむから、喜ばせたいから。
なら、そういうことはあなたがおやりになれば
いいんじゃないでしょうか?

あなたの親を私が、私たちが喜ばせなければならない理由は一体何処にあるのでしょうか?


こんなグダグタな関係に巻き込まれてこれから先も生きていくのはどうなるか
火を見るより明らかなこと。

ママー!
はいはいボクチャン、なんでちゅかー?


こんな劇場に巻き込まれて生きていくのはいや。

あなたたちだけでひっそり、こっそり
人に迷惑を掛けない程度にやってください。

馬鹿馬鹿しい!