迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話を。

下半身コンプレックスの成れの果て。


ミニマリズムや断捨離、シンプルライフなど
あれこれ寄り道して今日に至ります。

いまだ自身のライフスタイルは確立されることもなく、さ迷う正に迷える大羊( ̄▽ ̄;)

それはさておき。おくんだね。
置きますね。


服の数。これも試行錯誤してます。

少なすぎても多すぎてもよくない。

誰かが言ってました言葉のように
お金は大事だが少しだけあればいい。的な。


自分にとって必要な種類や色や形を
把握できていない。

骨格診断も読みました。ピンとこない。

でも、あれこれ着ていくうちに好きな形や色や模様があることは気づけました。

代表格はリネン素材。

確かにリネンは素敵です。風合いがあって
すぐ乾いて着心地もよくて。

けれど、シワがよりやすくだらけたイメージになりやすいところもある。

シャツをインナーに重ねて羽織のようにしてみました。うん、いまいち。

私にはシャツを羽織として着る能力がないのかセンスがないのかわかりませんが若作りにみえる。

シャツワンピースなら、そんなに違和感はなかった。

けれど、この年になると襟も必要な気がしてくる。

私はスタンドカラーやノーカラーがすき。

アウターに合わせやすいのと襟の形によっては
似合わないことがあるので襟なしを選択した。

首が短くて太めだから、詰まっていると
よくない気がした。


それはさておき。


下半身コンプレックスの塊の私は
ボトムが増えやすい。

下半身をカバーしてくれそうなものに出会うと
心惹かれてしまう。

私の服の数は圧倒的にボトムが多い。

今の私の目標は糖質制限を経て痩せたら
手持ちのボトムを処分して
改めて自分のサイズにあうものに買い換えること。

ガウチョも素敵。
ワイドパンツも素敵。

そろそろ、細身のボトムも穿いてみたい。

お気に入りのリネンのスカートがある。

でもこれ、滅多に穿けない。

ももがこすれて痛いから。
汗がこもって、すごく不快になるから
レギンスと合わせるのだが

スカート➕レギンス➕ビルケン
今の私にとっては痛すぎる。

いい年をしたオバサンの出で立ちにしては
いささか不似合いに感じる。

もちろん、世の中にはこのスタイルの似合う人がたくさんいる。私には難しい。ということ。

スカートを一枚で穿ける体型になろう。