迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話を。

私の中の良心について。

今日、コンビニで雑誌を買いました。


と、今日は息子の誕生日でした。
めでたくお陰様で6歳になりました。

彼はケーキが嫌いです。
よってケーキもない、チキンやグラタンや
華々しさの欠片もない食卓となりました。


彼は今、身長を伸ばすため
日々牛乳と煮干しをえづきながら食べています。
そんな彼ですが来年は小学生となり
益々の発展を勝手に期待しています。



と、私は今日コンビニで雑誌を買ったのです。
買ったはずでした。
ろくにレシートもみないで払い
家に帰り、家計簿をとよく見たら
雑誌代が含まれていない( ; ゜Д゜)


頭の中に天使と悪魔が
普通に出てきて

『黙っとけばいんじゃね?』

『ダメよそんなの!泥棒と同じよ❗』


と始まりました。

あぁ、私は最初悪魔が優勢でした。
小さな人間でごめんなさい、母さん。


頭の中で悪魔が優勢でした。けど
テレビを見ながらおやつを食べる彼等を見ていたら


これはきちんと払うべきだ。と
思いました。


私は親なのだ。
こんな半端なことをすべきじゃないんだと
思いました。


ちょっとでも黙っとけばいんじゃね?と
思った自分が恥ずかしいなーと
悲しくなりました。

きっと彼等が同じことをしたら
私は怒るでしょう。

泥棒と同じじゃないか!と
言ったでしょう。


適当なことをしていたら
彼等にきちんとしろ、なんて
言えなくなります。

すぐさま天使が舞い降りて来なかった私にも
若干の良心があったことを
悲しみと共に少し喜びました。


お店に電話をして
雑誌とレシートを見せて
きちんと買いました。


きちんとすると心がシャンします。

彼等といると彼等の心の美しさに日々
私の淀んだ眼は洗われていると感じる。

私の眼を常に洗い流し
見るべきものを見せてくれていると
私は想い感謝しています。
ありがとう。


にほんブログ村 ミニマリスト(持たない暮らし)