迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話を。

今日の出来事から。


今日は髪を切りました。
1000円カットみたいなところ。

ほんとは一度でいいから似合う髪型に
出会いたいものだと思うほど

硬い、多い、太いの三重苦なうえ
癖毛のため

どこへいっても
ストレートパーマか縮毛矯正をしたほうがと
言われ、なりたいスタイルには
なれたことがありません。

なりたいスタイルにするのに
わざわざ真っ直ぐにしなければならないことが
もう嫌で一年に一回美容院にいき
その間はセルフカットで済ますという
やり方をしています。

とはいえ、なりたいスタイルにもなれないことに
かかる費用を抑えようと
ここ一年1000円カットです。

求めるのは人並みに切り揃うラインであり
完成形ではありません。

理想をいうとほぼ100%、切って捨てられます😖


あまり期待はしていない。

けれど、今日の接客は酷かった。
それだけが今日一日腹が立って仕方なかった。

いっそ苦情の電話でも、と思ったけれど
やめました。

これはきっと、何か意味があったのだと
思うことにしました。

この経験からきっと学ぶべき何かがあると。


まず苦情の電話をするということを
我慢する。

そして考える。

苦情をいうなら言ったでそのあと自分はどうしたいのか?どうしてほしいのか?

途中までやりとりを思い浮かべ
どどのつまり、どうしてほしいのか?と
考えた時思い浮かびませんでした。

落としどころのない怒りなのだと
認識しました。

八つ当たりのようなものだと。
苦情を言って謝ってほしいだけ。
謝らせたいだけ。自己満足だ。

そんなことのために人を嫌な気持ちにさせて
果たしてスッキリするのだろうか?


自己満足のために、苦情をいれるのは
やめようと思いました。


正直鏡を見るたび思い出して腹が立つ。

それもそのうち、忘れるはずです。
むやみやたらに怒りをぶちまけないで
生きていこう。
にほんブログ村 身の丈暮らし