迷える大羊

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話を。

私の指南書

f:id:imiaruhibiwo:20151113131410j:plain

今日のいいこと。
二冊でお買い得だったこと。


お弁当作りは日課です。
冷食はおいしくない、というから
なるべく手作りのおかずをいれたい。

あれこれ弁当作りの本を読んでみて
自分で読みやすかったので
中古本屋で探していたけどなかなかなくて。

諦めかけたころネットで見つけて
買いました。二冊で1000円しないんです❗

これを毎日合間に読んでおかずの下ごしらえや
詰め方やなんかを覚えます。

以前はおかずは四品と決めてました。
お弁当箱の半分がご飯、半分がおかず、思っていたからです。

今は見た目は海苔弁当みたいです。
ご飯を斜めに詰めて手前側におかずを乗っけていく。

バランもカップもいらないし、手軽。
味が移らないようにと、汁気のあるおかずは詰めないか汁気を飛ばしてつめる。

彩りは考えてないので
見た目はイマイチ。かもしれません(^_^;)

ご飯は雑穀米です。
紫色になるやつ。

それまで白米でしたが
私が雑穀米に切り替えて
子供達は苦手だから白米をご飯釜で炊き
電子炊飯器で私の食べる雑穀米を炊いています。

子供達が白米をペロリと食べて残らないので
雑穀米を入れたら気にしないらしくて
そのまま今に至ります。

だし巻きの黄色に和え物の緑、ご飯が紫色で
煮物の茶色。赤みがいつも足りないんですが
食べもしないプチトマトは入れてくれるなと言うからなしです。

すきまおかずの入る隙もないくらい
メインのおかずをドカッと入れるから
見た目はガツガツ系。
中身はじいちゃんぽい仕上がりなんですけど。

この本をこれからも愛読して
おいしいお弁当をこしらえようと
想うのでした。