KOKOTI

いみのある日もない日も私は私。どんな自分でも今あるこの世界で生きて暮らして綴っていく。糖質制限始めました。たまに買い物の話も。発達障害の事についてもたまに書きます。

いいね、なんていらないわ。

いいね!押してもらっても心はドヨーン。

私はそんな感じ。

なにがいいの?
いいね!よかないわ。


インスタグラムって、面白いのかなあって始めてみたけれどフォロワーになってくれた人ってフォロワーにならないとすぐいなくなるよね。

いいね!ってしたら
なんかブロックされたり意味わからないよね。

知り合いスルー、知らなさすぎもスルー。

スルー検定中?

出てくる写真はみんな同じ服を着て
同じ加工をして。
どれも同じ人って思ったら違う。 

うーん、少なくとも
私にはこのシステムは腑に落ちないみたいだ。

見るだけにしようと。
発信するの、あそこではめんどくさい。

あはっ、ブロックされました。


いつだったかインスタグラム、始めましたみたいな記事を書きました。

私としては何が良くなかったか不明ですが
少ないながらフォローしてくれていたフォロワーさんにブロックされてました。


数少ないフォロワーさんなので
あれ、減ったねってページを訪れようとして
投稿がありません、あれ?

調べたらブロックされてる画面なんですってね。

あぁーまたこういう目に合うのか。

嬉しくないなぁ。

何かしたのかもしれないし、してないのかもしれないしわからないです。

こういうとき相手は何も言ってくれないものだから真実は闇の中。

シレーっと不機嫌になって
消した。

こういう事があるのに続ける意味もない。

よく考えて見るだけにしました。
参考になることもあるし、目の保養にもなる?し。

ブロックなんて、やっぱあるんだ。

幼稚園のママさんにラインブロックされたのも昨日のことのよう。

だから嫌いなんだよ。
ラインとか。

なのに昨今は連絡手段はだいたいライン。

もーいやだ。

連絡網じゃだめなの?

ノーマネーデーに拘らない。

インスタグラムとかみてると
「NMD」ノーマネーデーって言葉。

その日一円もお金を使わなかった日のこと。

今月は10日もNMDでした(^o^)
みたいな投稿を見ると
毎日使っちゃってるやん、とわたしのバカ!とか思っていました。


うーん、でも拘るのはやめました。

お金を使う日が無いことがこの上なく素晴らしいとは思えないのと、人それぞれ生活が違うから
我が家には合わないと思ったから。

なんの気無しにふらーっと出掛けて
ふらーっとなんか買う!←はい、それムダ!

みたいな構図はよく見る話。

ムダなのはわかるよ。
でも暑い日にふらーっと娘とアイス買いに行っておいしーって食べるのだって悪くない。

家から外へ、ふらーっと寄ってみる。
それだけで気が紛れることもある。


「おうちが居心地良くなったからどこかへ行きたいとか思わなくなりました」とかもよく見る話。

だけどその人はそうでも
我が家はそれじゃあ退屈となる。

ふらーっと出なければ買わなかったものは
買わなくても良かったもので
それの積み重ねをするから無駄遣いが増えて
お金が貯まらないんです、うん。そうかもしれない。

だけど私はお金を貯めるために生きているわけではない。

毎日の家族との暮らしを楽しく紡いでいきたいだけ。

お金を貯めるのは二の次。

お金のために、~をしない、~へ行かないとかは
つまらない。

行きたくないから行かないのとお金がかかるから行けないのは大きな差。

湯水の如く贅沢なんて出来ない。

真夏のアイスや花火、疲れたときの甘いもの。
ふらーっと寄って気になって買った服。
おいしそーって出先の帰りに見た唐揚げ。
娘が可愛い😍って欲しがったヘアゴム。

必要じゃないものといえばそう。
必要じゃないものでも必要なものはある。

楽しかった、美味しかった、嬉しかった。

そういう気持ち、大切にしていきたい。
子どもたちとこうやって過ごせるのなんて
あっという間に終わってしまうんだから。

ノーマネーデー、我が家は撤廃です。

苦情を言っちゃう自分、でもこれでよかった。

生協の宅配をお願いしてます。


でも今日苦情の電話をしました。

内容は持ってきてくれたら、ノックして
声をかけてってこと。

担当の人はノックもせず黙って置いてく。

家にいるのに箱とか発泡スチロールとか
また次週まで自宅保管しなきゃならない。

これが4週続いたから
電話してみた。

担当の人を変えるとかしてくれませんか?
家にいるのにこれじゃあ困るよと。

担当の人を教育してる人が再教育するから
継続してくれと言うのでそういうことにした。


こういうこといちいち言うのって
どうなんかな?って思ったけれど
言わないでストレス溜めるのはなんか違う気がしたので。

言ってみて改善してくれると言われたし
言ってみて良かったと結果的には思うことにした。

自分てクレーマーなのかな?って
感じたりもする。
理不尽なことは言ってないつもりだけど
それは相手の感じ方次第。
クレーマーだよ、うざーって思われても
そりゃ仕方ない。
でも言わないでストレス溜めて腹立てるのは
疲れるし嫌になる。
これでよかった。

生協の食材は信頼してる。
美味しいし、重いものも持ってきてくれるし
洗剤とか日用品もそれなりにある。

贅沢さえ言わなきゃ生協だけでやってけるとも思う(私はやりくり下手なのでいつも足らない^_^;)

これからも使うなら気持ちよく使いたい。
客が偉いとでも思ってんのか!って言われそうだけどそうは思わない。
使いたいから改善してほしいとこがあるんだよって言いたいつもり。

今回砂肝の唐揚げを買ったから楽しみ(*^^*)

このとき、この気持ちを。

最近夫は悩んでいるようだった。
あまり眠れていないし、食べないし
喋らない。

いつもスマホで小説を読んでいて
それ以外は寝ているか、食べるか、お風呂か。
そんなぐらい様子がおかしかった。

そんな朝。

夫がポツリ。


「もう仕事いやだ。組織の中で歯車として働くには向いてないよ」

そう言ったのだ。


今までどんなに安月給だろうと
ブラックだろうと大丈夫大丈夫といって
毎朝家を出ていった夫。


そんな夫が弱音を吐く、それくらい
追い詰められてるんだって。

辛かったら辞めていいよ、そういってきたけど
夫は大丈夫、といった。


だから、本気でこれから生活やんなくちゃならないんだって。
そう想った。

今ある貯金を崩さずに
今あるお金をやりくりして
少しでも貯めて
こんなに貯金あるから、しばらく大丈夫!って
言えるようになりたい。

辞めていいよ、大丈夫って
言えるようになる。

お金の勉強して、やりくりして
貯めて。
そう言える人間になろう。

決意、決意、決意。

口先だけな今だけど
この朝、こう想ったこと
忘れないためにここに残しておこう。

うちはうち。よそはよそ。

インスタグラム、前から見てたんです。
で、こないだインスタグラム始めてみたんです。

で、今日非公開にして放置(・・;)


やるの、めんどい。
画像あげてコメントしていいねもらったら
いいねして。

いいねなんていらねぇわ、って強がっても
もらうと嬉しいもの。


いいねもらうために画像あげる。
人のマネして
写真加工して。
なにやってんだか。


シンプルな暮らし、とか小さな暮らし、とか
もうお腹いっぱい。


やりたい人はやればいいし
それで満たされて満足ならそれでいい。


私にはムリ!


毎日小そうじ。
一汁一菜。
持たない暮らし。
一日一捨。

毎日毎日部屋のあちこちをオキシ漬けやら
ウタマロ漬けやら○○掃除、なんて
このクソ暑いなかただでさえ食事作りも滞るってのにやってられない。


見てしまうとのめり込む。
見てしまうとそれも素敵と思う。
家の中やクローゼット、あちこちの汚れやホコリをみるたび

「なんで家はこんなに汚れているの?なんでこんなに小奇麗にこざっぱりと暮らす人がいるのに私にはできないの」と落ち込むはめに。

インスタグラムの見方を間違うと
人生を見誤る。

自分のいまある環境をただ卑下して
恵まれていることにさえ気づけなくなる。

貯金がない、お金がない、クローゼットがパンパン、あそこの幅木汚れてる、あそこの水垢やらなくちゃ、クエン酸パックしなきゃ、カビ取りしなきゃ、なきゃなきゃ、繰り返し。

人様の心地よさを真似ても気持ちよく過ごせるとは限らない。

其々、其々の家のペースがある。
食事も家具も服もペットも汚れ具合も
懐具合も、家庭環境も。

みんな同じじゃない。
同じ家なんてない。

わたしの家はわたしたちの家
少々汚れててもたまにラーメンや丼のオンパレードなことがあってもクローゼットみっちりでも
みんながここで幸せに心地よく暮らしているならそれで十分。

どう、暮らしていきたいのか
どう家の中を工夫すれば暮らしやすくなるのか。

家族の様子をみながら
ちょこっとずつ、工夫あるのみ。

子供三人の賃貸暮らし。
もう、あちこち傷だらけ。
少しずつ汚れを落として治せるとこは直して。
あとは修繕費がかさむだろうから
貯金を頑張ろう。

ものを捨てても減らないから


やめます。捨てまくるのを。

むやみやたらに捨てても必ず
捨てた以上のお金を使い、ものが増えるから。

いや、これはもう我が家の場合はテッパンすぎる。

理由は多分、いらないものばかりを目の敵にして
必要なものを第一にしてないから。


いらないものだけ捨てても
いるものが残ったわけじゃない。
それを私は勘違いしていたということ。


残ったものは必要なもの、と思ったけどそれは違っていて残骸なだけ。


必要でもそうでもないもの。


そういうものに溢れかえってる。


だから減らないし増えるし
そのどれもが不必要に感じる。いつまでも。

必要なもの、大切なもの、選んだもの。

それを残さなきゃならなかったんだ。

いらないものはいつでも捨てられるから。


まず、絶対にいるものを必要なものを
愛すべきものを手元に置こう。